続・竹林の愚人 安閑神社

安閑神社

安閑神社

安閑神社(あんかんじんじゃ) 高島市安曇川町三尾里362-2

安閑神社

本殿 祭神:安閑天皇

安閑神社

神代文字石

神代文字の石

力石

力石(水口石)

解説力石(水口石)
鎌倉時代の説話集「古今弔問集」に「越前の国(福井県)から都へ相撲の大会へ行く1人の武士がこの村(石橋村)を通りかかり「大井子」という美しい村娘に出会った。この娘は、大変な力持ちで、武士はこの村に止まり力を付けて都へ上がりお蔭で、相撲大会に勝った」と誌されている。
また、この石は「この村で田の水争いがあったとき、この娘は、夜の間にこの石で水口を塞ぎ、水争いを止めた石」といわれる。
おとなが大勢で持ち上げられない大きな石を持ち上げた力持ちの娘。
当時の水争いの激しさを伝える遺跡である。
神代文字の石
字とも絵とも判別のつかない陰刻がされた石である。
元は知らないで橋に使われていたというが、一説には古墳の一部ではなかったか、とも言われる。
この陰刻の解明は未だなされていないが、この種の記号文字は神代文字と呼ばれ、不思議な歴史の貴重な遺産である。
 安曇川町 北出区
関連記事

テーマ:滋賀県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/08/15(木) 07:00:21|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<箕島神社 | ホーム | 鶴塚>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク