続・竹林の愚人 水堂 須佐男神社

水堂 須佐男神社

水堂 須佐男神社

水堂 須佐男神社(みずどう すさのおじんじゃ) 尼崎市水堂町1-25-7
当社は天正年間(戦国時代・16世紀後半)の創祀と伝えられ、須佐男命(天照大神の弟神)を御祭神とし、当地の氏神様として親しまれている。
緒社殿、燈籠、旧鳥居などは江戸時代中期、狗犬は室町時代の作で、豊かな緑樹に囲まれた小高い境内全体は、弥生後期(4~5世紀)の築造とみられる前方後円墳である(社殿裏に保存館が設けられている)。
緒祭神の須佐男命は、身猛く心優しい古代神話の英雄であるが、「八雲起つ出 八重垣妻ごみに八重垣作るその八重垣を」と命が詠まれた歌は短歌の起源としても名高い。
当社は学問、安産、豊穣の宮である。
境内社に天武天皇社、天満宮、招魂社の3社をお祀りする。

水堂 須佐男神社

拝殿

水堂 須佐男神社

本殿 祭神:須佐男命

水堂 須佐男神社

天満宮 天武天皇社
関連記事

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/08/17(土) 07:15:52|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<水堂古墳 | ホーム | 常春寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク