続・竹林の愚人 自費出版入門

自費出版入門

自費出版入門
自費出版入門

(1986/10)

深田敦夫
 
自費出版した人は、どんなふうに素敵な本をつくったのでしょうか。
自費出版をするときに、編集作業も受付店で頼むと、もう一種類本を出せるぐらいに費用がかさみます。
いくら自費出版が身近になったとはいえ、原稿の量や発行部数、装丁の種類によってはかなりの費用が必要になってきます。
自費出版をする場合に、どうすれば少しでも安くできるのでしょうか。
印刷の現場では文字の外観を見ながら一字一字植字していくので、作業のしにくい原稿は、活字に移す前に清書が必要で、この清書代金が馬鹿になりません。
また新旧かなづかいの入り混じった原稿や、しつかり校正されていないものは、有料の内校作業が必要になってきます。
また、一度活字になってしまうと内容を変更するのに訂正代金が必要となってきます。

装丁によっても費用はちがってきます。
受付店の見積もりに上製本と書いてあれば、製本費用のかかるハードカバーです。
豪華なクロス貼りに金箔押しの厚みのある表紙は、書籍と呼ぶにふさわしい風格を持っていますが、本のレベルには関係ありません。
ペーパーバックスでも、表紙の折り返しをつけたり、カバーを厚い紙にすれば、ずいぶん幅のある本になってきます。
また印刷部数に関しても、最初100冊つくって、後から50冊、100冊と増刷すると、まとめて200冊つくるより余分な費用がかかります。

原稿ができあがり、いざ自費出版という段になると、たくさんの人に読んでもらいたいと思うようになります。
ここで自費出版は大きく2つに分かれてきます。
1つはできあがった本を友人知人に贈るというもので、もう1つは書店で売りたいというものです。
自費出版した本にニュース性があれば、新聞社の社会部へ本を送ってみましょう。
記事ネタになりそうな本であれば、紙面紹介の可能性があります。
日本国内で出版された本は国立国会図書館へ献本することが義務づけられていますから、献本すれば国会図書館に保管され、著作権の承認と登録番号を得ることができます。
そのうえ、国会図書館のまとめた出版物紹介の週報で、全国の図書館に紹介してもらえますから、資料性のある本などは特におすすめできます。
読者層がある程度つかめていて、連絡のとれる場合にはダイレクトメールを送ることをおすすめします。
自費出版した本が専門的な分野であれば、その分野の専門誌の読者からのハガキを紹介するコーナー宛に送ります。
本の内容と値段、郵送代金を記し、希望者に現金書留で送ってもらうやりかたです。
作品集やミニコミ誌なら、若者文化の発生源である喫茶店やライブハウス、画廊、ブティック、輸入レコード店などで委託販売するというやり方もあります。
売れる本にするには、いかにも読みたくなるような外観でなければいけませんし、内容も「他人に読んでもらうのだ」と思ってつくらなければなりません。
たいへんな作業ですが、気を抜かず、じつくり腰を落ちつけてつくりましょう。
関連記事

テーマ:読んだ本 - ジャンル:本・雑誌

  1. 2013/09/29(日) 07:00:35|
  2. BOOK
  3. | コメント:1
<<よみがえる縄文の女神 | ホーム | デカンショのまちのアリラン>>

コメント

いよいよ十月です

■bittercupさま。
お早うございます。
もう記事にしていますが、フランスはストラスブールなどのアルザスと
ブルゴーニュへ小旅行に行ってきました。
拙いものですが「旅行記」ご笑覧ください。9/29付けです。
日本は、いつまでも暑いですね。
かの地も天気に恵まれ日向では気温は二十度後半まで上がりましたが、
日陰に入ると涼しく着るものの調節が大変でした。
一行は31人という多勢でしたが、あちこち旅慣れた人ばかりで楽しい数日でした。
十月も、よろしくお願いいたします。
  1. URL |
  2. 2013/09/30(月) 04:14:57 |
  3. sohya #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク