続・竹林の愚人 生島神社

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

生島神社

生島神社

生島神社(いくしまじんじゃ) 尼崎市栗山町2-24-33
立花地区の上ノ島・栗山・大西・三反田の各町は、昔は生島と呼ばれていたところです。
この地は、天長7年(830)に朝廷の財力によって開発され、平安時代の終わりごろ、康治元年(1142)に開発領主実国の子孫が、時の関白藤原忠通に寄進した「生島庄」に当たります。
同じころ、僧澄海が大般若経を「生島大明神」に献じたとあり、生島社の文献上初見といえます。
平安時代の神社を知る「延喜式神名帳」には、大阪市天王寺区にある生国魂社は「生島巫祭神二座・・・生島神・足島神」を祭っています。
生島神社はこの大阪生国魂社の元宮の伝承があり、生島庄の鎮守としてこの二神を祭ると共に、摂関家の氏神である春日神社の諸神を祭ったものと思われます。
同庄の中心は、生島村と呼ばれていた三反田町から次第に開発が北部へ延びるにつれて、大西・栗山両町へ移り、この栗山の地に現在の生島弁財天が遷宮されたものでしょう。
桃山時代の慶長5年には池田輝政・福島正則禁制が「いく島」に出され(現在栗山の旧家に保存)、同19年に出された松平隆禁制と共に村切り(4村分割)前の生島庄の中心がここ栗山に移ったことと関係深いものです。
尼崎市教育委員会

生島神社

拝殿

生島神社

本殿 祭神:生島紙・足島神
      天照大神・須佐男大神・八幡大神・伊邪那岐神・伊邪那美神
大正3年6月上ノ島村社須佐男神社、同年7月大西村村社熊野神社、大正4年12月三反田町村社八幡神社を合祀。

生島神社

生島弁財天社  市杵島姫命
生島神社
第59代宇多天皇の寛平2年9月14日、弁財天女像・毘沙門天像・地蔵菩薩像を安置。
徳川時代は神宮寺として社僧により祭祀された。
弁財天社本殿は生島社の旧社殿で、18世紀前半のもの。

生島神社

大師堂

生島神社

交通神社

生島神社

生島稲荷社  宇迦之御魂大神  末広大神・照光大神・玉澤大神
関連記事

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/10/01(火) 07:00:14|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<西要寺 | ホーム | よみがえる縄文の女神>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。