続・竹林の愚人 八幡宮跡地

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

八幡宮跡地

五輪塔卒塔婆

八幡宮跡地 尼崎市三反田町1-7-32

五輪塔卒塔婆

ここは三反田町の西南端にあり、八幡宮の跡地です。
多くの一石五輪塔に交っている中で、一番大きいのが五輪卒塔婆です。
五輪卒塔婆は一石で彫成された方柱状に造られました。
石材は花崗岩製で完全なものです。
先端から基礎までの高さは221.5cmで、地上の高さは151cmあり、各輪の四方に4門の梵字を配しています。
五輪塔卒塔婆梵字の下に高さ34cm、下の幅19cm、深さ2.3cmの舟形輪郭を掘り込み、30.5cmの仏像があります。
尊像の当面は地蔵、南面は薬師、西面は地蔵、北面は弥陀の4仏の珍しい配置といえます。
室町時代の応永年間(1400年代)の塔と推定されています。
尼崎市教育委員会
関連記事

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/10/01(火) 07:15:14|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<飛鳥と古代国家 | ホーム | 延光寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。