続・竹林の愚人 光福寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

光福寺

光福寺

光福寺(こうふくじ) 京都市南区久世上久世町826
西山浄土宗 京都洛西観音霊場 第19番  天暦9年(955)浄蔵貴所開山。

光福寺

拝殿

光福寺

蔵王堂 本尊:蔵王権現
       地蔵大菩薩・観世音菩薩・役行者尊・開基浄蔵貴所

光福寺


光福寺

不動堂

光福寺 

薬師堂

光福寺

子守勝手神社

光福寺

弁天堂

光福寺



光福寺

本堂


『都名所図会』
上久世蔵王堂(かみくせざおうどう) は医王山光福寺と号し、宗旨は四宗兼学にして、本尊は蔵王権現の作。
また二王門の金剛力士は聖徳太子の作なり。
この寺の初めは村上帝の御宇天暦年中にして、浄蔵貴所当寺の開基なり。
吉野の奥金御岳の崛に籠りて、一心に密法を行ひ、それより洛に趣かんとしたまふ夜、夢ともなく現にもあらで、蔵王権現忽然としてあらはれたまひ、宣ふやうは、
「汝つねに法施怠らずして神妙の至りなり。いま都に帰らばわれをも供すべし。永く有縁の衆生を守らん」とぞ。
貴所奇異の思ひをなし、告げに随ひ、袈裟を解いて肩に結び、背にすなはち負ひ奉り、路を急ぎしにたちまち化して木像となりたまふ。
桂川の西のほとりを上りしに、持したまへる鉢おのづから河水に落ちて、水さかのぼりて北のかたに至る。
また一つの森のうへに光明あり。行きてみれば弁財天の霊場なり。ここにおいて蔵王の神像大石のごとくにして動かず。
これぞ有縁の地と悟り、すなはち艸座にすゑ奉り持念す。同じき夜、西のかたに大きなる梛生ず。
また明天老翁あらはれ、椰に向かふて「弁財天医王善逝」と唱へて拝す。
貴所これを問へば、翁答へて、「弁財天降臨の地なり。いま時なるかな、蔵王権現この地に来りたまふ。早く仏閣を建てて安住せば利益広大ならん」と言ひ終はつて失せぬ。
貴所さまざまの霊告を蒙りしより、一堂を営み、尊像を安置す。当寺伝記の意をとる。
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/10/22(火) 07:20:46|
  2. SIGHT
  3. | コメント:0
<<秀吉伝説序説と『天正軍記』 | ホーム | 綾戸國中神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。