続・竹林の愚人 野口神社

野口神社

野口神社

野口神社(のぐちじんじゃ) 加古川市野口町野口327
播磨は古く中央政権への「文化の通り道」としての役割があり、近代国家建設に貢献した渡来系の人たちが往来しました。
仏教伝来の流れの中で寺院が建てられ、古代寺院として奈良時代(8世紀)に野口神社のところに寺院(通称「野口廃寺」(が建立されました。
近くには秀吉により天正6年(1578)に攻め落とされた野口城がありました。
のち江戸時代 慶安4年(1651)に社殿が、寛文6年(1666)に鳥居が建てられ、山王五社宮(五社大明神、五社山上神宮寺)として約25年間、社僧12代により栄えてきました。
江戸末期には、頼山陽(1780~1832)が立ち寄り、
 「近環松柏見威霊之森巌 遥面波濤知膏澤之 弥満」
(近くに松柏をめぐらした威厳に満ちた深い森を見、はるか向こうに瀬戸内の波をながめ、人を豊かにし幸福をもたらす、恵みが一面に広がっていることがわかる)という詞を読みました。
神社の前の道は西国街道で、江戸時代参勤交代が行われ、伊能忠敬などが通りました。
明治になり政府は神道を国教と定め『神仏判然令」(1868)を出して神と仏を厳然と区別しました。
その結果、神社にあった神宮寺はただちに撤去され、社名も五社宮から野口神社と改称されました。
祭神は比叡山の麓の山王総本宮日吉大社より勧請した大山咋命(日吉大神)を主祭神とし、他に4祭神よりなります。

野口神社

随身門

野口神社

外拝殿

野口神社

拝殿

野口神社

本殿  
大山咋命日吉大神
別陀別命八幡大神
須佐之男命八坂大神
速玉男命熊野大神
天伊佐々比古命日岡大神

野口神社

山神社

野口神社

荒神社

野口神社

厳島神社

野口神社

稲荷神社

野口神社

天神社
関連記事

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/10/30(水) 07:00:12|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<教信寺 | ホーム | 大歳神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク