続・竹林の愚人 愛宕塚古墳

愛宕塚古墳

愛宕塚古墳

愛宕塚古墳(あたごづかこふん) 加古郡播磨町北野添2-1
愛宕塚古墳この古墳は、本町に現存する唯一の古墳で印南野台地の最南端に位置しています。
古墳時代中期のもので、周濠をそなえた円墳です。
古墳の直径は約22m、高さは約2.2m、墳頂部の標高は15.3mで、周濠の幅は約45mあります。
近年まで周囲に陪塚と思われる小さな塚が2つありましたが、今は失われてありません。
現在、埴輪は残っていませんが、転落した埴輪が周濠から出土しています。
古墳が造られた当初は、古墳のまわりに埴輪が立て並べられて威容を誇っていたことでしょう。
まお、近世になって墳丘上に愛宕権現が祀られたことから愛宕塚といわれるようになりました。
この古墳は、当地方の歴史や文化を解明するうえできわめて貴重な遺跡であり学術資料でもあります。
   平成元年3月  播磨町教育委員会

愛宕塚古墳
関連記事

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/11/02(土) 07:20:41|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<北大阪ミュージアムメッセ | ホーム | 別府鉄道>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク