続・竹林の愚人 西小路遺跡

西小路遺跡

中筋通

中筋通

西小路遺跡

向日市上植野目公民館 向日市上植野町西小路15

長岡京朱雀大路 西小路遺跡
西小路遺跡map_201312092055251ed.jpg
【長岡京朱雀大路】
朱雀大路は、長岡京の正面玄関である羅城門から北に一直線にのびる京のメインストリートです。
京内で一番広く、道路として利用される以外に、外国の使節を迎えたり、東国遠征の軍隊を送り出す儀式の場としても利用されました。
朱雀大路の幅は平城京で90m、平安京で83mを測ります。
長岡京でも同一の規模であろうと考えられてきましたが、最近の調査で幅は64mであるとわかりました。
これまでに発見された遺構は幅1.7m~1.9m、深さ0.8mの朱雀大路西側溝と朱雀大路の西側の街を囲む築地塀の雨落ち溝です。
側溝からは長岡京時代の須恵器と瓦片が少量出土しています。
西側の雨落ち溝には東から落ち込んだ状態の瓦が多量に出土しています。
【西小路遺跡】
西小路遺跡は上植野町西小路一帯に広がっている鎌倉時代末から現代に至る村の跡です。
周辺には中小路・北小路・南小路といった地名が残され、応仁の乱に細川勝元の東軍とともに戦った西岡の国人野田泰忠が応仁2年(1468)に陣を張った「上野の秋田館」がこの付近にあったと考えられています。
集落は標高24m前後の向日丘陵の最南端に位置し、北西から東南東に流れる旧小畑川による浸食によって急崖となった要害の地に設けられました。
検出された遺構は、幅4m以上の濠状の東西方向の遺構で、現在の上植野町の母体となった遺跡です。
               向日市・向日市教育委員会

朱雀大路

朱雀大路
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2013/12/09(月) 21:01:04|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<向日の社寺 | ホーム | 向神社旅所>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク