続・竹林の愚人 高松塚古墳

高松塚古墳

高松塚古墳

特別史跡 高松塚古墳(たかまつづかこふん) 高市郡明日香村大字平田439
 特別史跡指定」昭和48年4月23日  史跡指定:昭和47年6月17日 
高松塚古墳は7世紀末から8世紀の初め頃に造られた古墳です。
昭和47年の発掘調査で日本で初めて、石室内に描かれた壁画が発見されました。
墳丘の内部には、16枚の凝灰岩の切石を箱型に組んだ石室(内部の奥行き265.5cm、幅103.4cm、高さ113.5cm)があり、その内面に塗られた漆喰を下地として、壁に色鮮やかな男女群像や青龍、白虎、玄武、日・月像、天井に星宿が描かれていました。
こうした壁画古墳は、日本ではこの高松塚古墳とキトラ古墳しか知られていません。
石室は中世に盗掘されていましたが、太刀の飾金具や銅鏡、ガラス玉などの副葬品の一部と、漆塗り木棺の破片などが出土しています。
壁画の発見後、石室南側に保存修理のための施設を建設し保存対策を行いましたが、壁画の劣化を止められず、平成17年に、石室ごと取り出して修理することを決定しました。
平成19年に石室を墳丘から取り出し、約500m離れた仮設修理施設で修理作業を進めています。
現在の高松塚古墳は、発掘調査の成果などをもとに、築造当時の姿(下段部直径23m、上段部直径18mの2段築成の円墳)に復元したものです。                  平成21年 文化庁
高松塚古墳
高松塚古墳
高松塚古墳
高松塚古墳

高松塚古墳

高松塚壁画館 高市郡明日香村大字平田439
関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/01/11(土) 23:06:25|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<中尾山古墳 | ホーム | 文武天皇陵>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク