続・竹林の愚人 橘寺の遺構

橘寺の遺構

橘寺

五重塔 心礎

橘寺

三光石

橘寺

二面石

橘寺

廻廊跡

map_20140113210428c03.jpg発掘調査によって、伽藍は四天王寺式伽藍配置であるが、当時の寺院は、南向きのものが多い中、この寺院はめずらしく東向きで、中門、塔、金堂、講堂が一直線に東から西へ並んでいたことが確認された。
中でも、塔心礎の柱穴は、心柱の三方に流木を当てる特殊な形式で法隆寺若草伽藍の心礎と似ている。
寺院の創建年代は定かではないが、聖徳太子伝暦によれば太子がこの寺で、勝鬘経を講ぜられたとき、瑞祥があって、それによって仏堂を建立したとある。
太子建立の七ヶ寺の一つと伝えられている。
 発掘調査で出土した瓦の文様から、7世紀前半には小規模な堂(金堂?)が建てられ、7世紀後半には大規模な整備がなされたことがわかる。  明日香村
関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/01/13(月) 21:21:35|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<治田神社 | ホーム | 橘寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク