続・竹林の愚人 石舞台古墳

石舞台古墳

石舞台古墳

石舞台古墳(いしぶたいこふん) 高市郡明日香村島庄
石舞台古墳石舞台古墳は早くから石室を覆っていた盛土が失われ、巨大な天井石が露出していたことから石舞台の名前で親しまれている。
昭和8年(1933)から実施された調査では墳丘は一辺約55mの方墳又は上円下方墳で、周囲には周濠と外堤が巡らされており、墳丘と外堤の斜面には貼石が施されていることが明らかとなった。
埋葬施設については南に開口する両袖式の横穴式石室で玄室長は約7.8m、幅約3.4m、羨道長は約11.5m、幅約2.2mあり、玄室から羨道にかけて排水溝が設けられている。
石室内からは凝灰岩片が出土していることから家形石棺が安置されていたものと推定される。  平成19年3月     明日香村


石舞台古墳

周濠

石舞台古墳

露出した天井石

石舞台古墳

玄室から羨道にかけて排水溝が設けられています。

石舞台古墳


墳丘の貼石

石舞台古墳

石舞台古墳の復元石棺
この石舞台古墳は、昭和8年の発掘調査で30数個の大きな石で築造された大規模な古墳で、6世紀末期から7世紀初頭のものであったことがわかった。
古墳形状は、上円下方墳と推定される。
被葬者は、古代この地で最大の勢力を誇っていた大豪族の蘇我馬子の桃源墓(日本書紀巻22 推古天皇34年 626年『大臣……桃源墓に葬る』)であるとの説が最も有力視されています。
古墳の規模は、下方形噴(外隍)一辺が85m玄室の長さ7.7m幅3.4mで玄室南側の天井石は、約77tと推定されます。
この発掘調査では、石棺は発見できませんでしたが、石室からは平らに加工した凝灰岩の破片が見つかりました。
このような発掘調査の成果と、飛鳥時代の古墳に施されている石棺の資料を基にして石舞台古墳の石棺を復元致しました。          財団法人 明日香村観光開発公社
関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/01/14(火) 20:13:10|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<酒船石 | ホーム | 伝飛鳥板蓋宮跡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク