続・竹林の愚人 久渡2号墳発掘調査現地説明会

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

久渡2号墳発掘調査現地説明会

PT206146.jpg久渡2号墳発掘調査現地説明会

関川尚功(上牧町教委 発掘調査指導員)

平成26年2月16日 9:30~15:00

奈良県北葛城郡上牧町大字上牧83-1

久渡2号墳

久渡2号墳は、久渡古墳具の所在する久渡山の丘陵南斜面に位置する。
墳丘は径約16m、高さ約3mの円墳で、古墳の背後には東西幅約30mの大きな周溝が残っている。

久渡2号墳

南に開口する横穴式石室で、すでに盗掘されており、後世に石室が壊され、石材として加工されて運び出されている。
石室は輝死安山岩の自然石で築かれ、奥壁と右側壁2個、左側壁1個の基底石が残っている。
長さ1.6m、幅1mの天井石が落ち込んだ状態でみられる。
石室は両袖式で、石室の大きさは玄室長約4m、幅約1.9m、羨道長約5mで、石室の全長は約9mと思われる。

map_201402162226190f0.jpg

石室・排水溝の輝石安山岩は北西4kmの明神山(王子町)付近、
石室床面の凝灰岩片は西約3kmの高山石切場遺跡(香芝市)付近の産出と思われる。

久渡2号墳

出土した須恵器より、飛鳥時代の7世紀中頃に築かれたと思われる。

久渡2号墳 久渡2号墳

副葬品として、刀・刀子・刀葬具の破片、琥珀の棗玉、鉄釘、須恵器、土師器、平瓦が出土。

久渡2号墳

2号map

久渡2号墳
関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/02/16(日) 20:58:34|
  2. Lecture
  3. | コメント:0
<<久渡古墳群 | ホーム | 西富松 須佐男神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。