続・竹林の愚人 乙女山古墳

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

乙女山古墳

乙女山古墳

乙女山古墳(おとめやまこふん) 奈良県北葛城郡河合町佐味田字乙女山・広陵町大字寺戸字乙女

乙女山古墳

乙女山古墳/>乙女山古墳は、全長130m、後円部直径104mの前方後円墳で、前方部が極端に小さい典型的な帆立貝形古墳です。
そして、帆立貝形古墳としては日本最大のこふんです。
また、後円部南西側には長さ11m、幅23mの造り出しがあります。
墳丘の周囲には周濠が水田・溜池として遺存しており、さらに外堤が巡っています。
遺物は戦前の開墾に伴い、多くの滑石製模造品などが採集されています。
埋葬施設については、石室材が露出していないことから粘土槨と思われます。
昭和61年度に発掘調査が行われ、造り出しや外堤の存在が確認されました。
造り出し部では、葺石と円筒埴輪列が検出されています。
此の埴輪列中の1本には、その内側には時期小型丸底壺を納めているものがありました。
さらに、造り出し上面では家形埴輪と楕円筒形埴輪が検出されています。
出土した埴輪から5世紀前半に造られたと考えられます。
大和における帆立貝形古墳は20基程度を数えますが、そのうち6基が馬見古墳群内に芯材しています。
馬見古墳群には乙女山古墳の他、池上古墳・三吉2号墳・石塚古墳があります。

乙女山古墳

墳頂

乙女山古墳

周濠

map_20140221063432259.jpg
関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/02/20(木) 21:37:07|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<北今市1号墳 | ホーム | ナガレ山古墳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。