続・竹林の愚人 兼好古蹟

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

兼好古蹟

兼好古蹟

兼好法師藁打石  大阪市阿倍野区松虫通3-2 正圓寺参道

兼好古蹟 

兼好の午睡さますな蝉時雨  俳人燦浪

兼好古蹟

兼好法師隠棲庵址の碑 

兼好古蹟

吉田兼好文学碑『徒然草』 清水公照書  昭和58年11月建之



『摂津名所図会』 兼好古蹟(けんこうのこせき) 
相伝ふ、阿部野にあり。天下茶屋村の里長日く、天下茶屋村の内、今の街道より二町ばかり東に丸山といふところあり。これその旧蹟なりとぞ。印に石の宝塔あり。
『扶桑隠逸伝』に日く、
兼好は卜部の兼顕が子、大織冠の苗裔なり。博覧にして、窺はざるといふ所無し。能く和語を綴り、巧みに和歌を作る。時に論じて、少し俳体有りと為す。かつて建治帝に仕へて、武術の次将と為る。正中元年、帝、升遐す。兼好すなはち髪を削りて修学院に入る。後に横川に上りて、深く影迹を匿す。兼好、尋常清貧なり。稚きより頓阿と善し。かつて、米および銭を頓阿に乞ふ。因て、折句の歌を以て意を見す。頓阿もまた、賑さず答ふるに、また歌を以て少しき銭を饋るのみ。その貧交想ひ見つべし。
兼好、清閑寺の道我と友たり。また毎に、高の師直が家に遊ぶ。皆和歌を以て交はる。一日、師直、兼好に託して艶簡を作らしむ。兼好すなはち書す。
その拘らざることかくのごとし。偶に月の望、夜来、月に乗じて千本の釈迦堂に詣づ。潜かに堂の後に入りて独り遺教経を聴く。美婦人有り。忽然として来りて、兼好が側に傍ふ。膏粉移るがごとく、蘭麝人を襲ふ。兼好すなはち席を避く。婦人慕ひ来る。兼好すなはち席を起ちて去る。蓋し官女の兼好を知る者、その節操を見んと欲して、相謀りてこれを為せり。嘗て心友の得難きことを論じて日く、独り灯下に坐して、書を読んで古人を友とす。楽しみここに過ぎたること莫し。好みて『文選』『自氏文集』老荘の書を読む。また、本期の古文を愛す。著はす所の『寂寞草』、往々己が志を示す。初め兼好童児有り。善く和歌を詠じて、かつ『万葉』『古今』の事を知る。兼好出家の後、今川了俊、これを招きて左右に侍せしむと云々。
関連記事

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/03/11(火) 07:10:39|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<正圓寺 | ホーム | 聖天山古墳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。