続・竹林の愚人 正圓寺

正圓寺

正圓寺

正圓寺(しょうえんじ)  大阪市阿倍野区松虫通3-2-32
東寺真言宗 海照山
聖天さんでよく知られている当山の縁起は天慶2年(939)光道和尚の開基に係りもと東方5町阿倍野村にあり、般若山阿倍野寺の一坊であった。
壱千年の長い歴史をたどるうちに幾度か寺運の盛衰もあり、近世では元和の役(1615)の兵火に罹り、爾来多いに衰微するに至ったが幸いにして十方施主の外護により法燈今に連綿と続く。
元禄年中(1688?1703)義道見明和尚が現今の地を相して移転堂宇を建立、西海を望見し得る老樹の茂る静かな景勝の地形に因んで山号を「海照山」と改め又寺号を「正圓寺」と改称した。
次いで享保8年(1723)京都より常如和尚(当山三世)来住、聖天堂や諸堂を再興、時に聖天尊への信仰は常如和尚の徳風のもとに頓に盛となり、「天下茶屋の聖天さん」という別称で多くの人から信仰され今日に至る。
御本尊、大聖歓喜天王は有名な慈覚大師(794?864)が入唐求法に際し、船待ちの砌感得、自ら一刀三禮霊木を以て彫像奉安されたものと伝えられ、この由緒ある歓喜天尊を胎内佛として宝蔵した日本で最も大きな木彫大聖歓喜双身天王が現在の御本尊なり。

正圓寺

山門

正圓寺

本堂 聖天堂 本尊:大聖歓喜双身天王

正圓寺

護摩堂  不動明王

正圓寺

和合殿 釈迦如来・16善神

正圓寺

大師堂  弘法大師

正圓寺

鐘楼

正圓寺

地蔵堂  北向延命地蔵
関連記事

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/03/11(火) 07:15:59|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<正圓寺 奥の院 | ホーム | 兼好古蹟>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク