続・竹林の愚人 初嶋大神宮

初嶋大神宮

初嶋大神宮

初嶋大神宮(はつしまだいじんぐう) 尼崎市築地2-6-17
寛文5年(1665)尼崎藩主青山幸利の時、海辺の砂州であった築地町は城下町として造成整備されました。
新しい町には別所町を中心に東町・中在家町からも住民が移住しました。
翌寛文6年、別所町にあった初島戎社も築地町に移りました。
この宮が現在の初嶋大神宮です。
浪寄する汀の松の常永久に見るともをかし浦の初島
白砂青松のこの辺りを読んだ歌で、宝暦5年(1755)当大神宮に奉納された公家の歌8首の中の1首です。
古来この辺りは景色も良く、美味な魚や貝も多くとれ、都人にも魅力のあるところでした。
宝永5年(1798)京都の公家町尻家の次男為量が当大神宮神職上村家に19歳で養子に入られることがあり、その方の姪が中御門天皇の皇后となり、その皇子が櫻町天皇になられるという慶事がありました。
神主上村為量の時、新しい社殿の造営が行われ、社運も隆盛となりました。
寛延4年(1751)そのことを祝して水無瀬3位・町尻3位。山井大蔵卿・櫻井刑部権大輔・七条二郎丸が共同で寄進されたのが当神輿です。
ここ数十年巡行はありませんでしたが、平成7年の阪神大震災で屋根の一角が破損し、今後の存続も危ぶまれましたが、平成14年、当地出身で長野県在住の篤志家により250年前の姿そのままに修復され、収納庫も同時に新築寄進されました。
持腰の飾りには皇室の紋章である菊花と五七の桐花が多数使われ、他に類のない貴重な神輿であり、当大神宮が末長く伝えるべき社宝であります。
なお、鳥居の両側にある常夜燈は文化年間、尼崎中在家町の魚市場から生魚を仕入れ、京都の市場で売りさばき、順番を決めて京都御所にも納入していた仲買商(上積屋)仲間が寄進したものです。 平成18年8月吉日

初嶋大神宮

拝殿

初嶋大神宮

本殿  祭神:天照大神・事代主命・応神天皇・蛭子命

初嶋大神宮

荒神社

初嶋大神宮

天満宮社

初嶋大神宮

八剣大明神
関連記事

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/03/12(水) 07:00:53|
  2. Shrines
  3. | コメント:2
<<松島神社 | ホーム | 築地公園>>

コメント

お伊勢さんの鳥居

お伊勢さんからいただいた鳥居があるんですが、やはり見落とす人が多いのは残念。

また震災前、玉垣じゃなしに土塀で神門を構えてたんですが…
  1. URL |
  2. 2014/03/25(火) 05:48:30 |
  3. ジンジャー #-
  4. [ 編集 ]

本殿の西側に、伊勢神宮大鳥居下賜記念碑が笠木の脇に建っていますね。
  1. URL |
  2. 2014/03/25(火) 22:01:57 |
  3. bittercup #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク