続・竹林の愚人 太秦高塚古墳

太秦高塚古墳

太秦高塚古墳

太秦高塚古墳(うずまさたかつかこふん) 寝屋川市太秦高塚町
太秦高塚古墳 市指定史跡第1号(平成9年11月3日指定)
太秦高塚古墳太秦高塚古墳は、秦・太秦の丘陵上に所在する太秦高塚古墳群で、唯一現存する古墳です。
2001年(平成13年)の調査発掘によって、古墳の形状や保存状況がわかりました。
古墳は、全長39m、円丘部の直径37m、高さ7mで、2段に築かれていることがわかりました。
1段目の平坦部(テラス)には、円筒埴輪列が巡っていることが確認されました。
また、古墳の周りには、幅約7.5m、深さ2mの濠が残っていました。
北西部には、「造り出し」と呼ばれるまつりを行ったと考えられている区画が付いていることがわかり、ここから人物・水鳥・鶏・家・盾・衣蓋などの形をした埴輪や土器が集中して見つかりました。
古墳の頂上は盛土が大きく流出して大きく変形していましたが、東側で主体部の一部が残っており、南側より短甲(よろい)・鉄鏃(やじり)・鉄斧(おの)・鐙(あぶみ)などの副葬品の鉄器がまとまって出土しました。
墳頂部の大きさから西側にも主体部があったと思われます。
出土して埴輪や土器などから、太秦高塚古墳は5世紀の後半に築かれたと考えられます。
古墳は、発掘調査後に盛土をして保護し、築かれた当時に近い状態に復元を行いました。

太秦高塚古墳

太秦高塚古墳

古墳の調査風景

太秦高塚古墳

周濠

太秦高塚古墳

造り出し部

太秦高塚古墳

造り出し部分の埴輪の出土状況

太秦高塚古墳太秦高塚古墳


太秦高塚古墳

墳頂部

太秦高塚古墳

主体部出土の鉄器類(左:短甲/右:鉄鏃類)
関連記事

テーマ:大阪 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/05/04(日) 07:10:49|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<太秦古墳群 | ホーム | 高宮遺跡>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク