続・竹林の愚人 本隆寺

本隆寺

本隆寺

本隆寺(ほんりゅうじ) 京都市上京区智恵光院五辻上ル紋屋町330
法華宗真門流 総本山 慧光山  慧光無量山本妙興隆寺
当山は慧光山本隆寺といい、長享2年(1488)4月28日、開祖常不軽院日真大和尚が京都四条大宮西に堂宇を建立し、「慧光無量山本妙興隆寺」と公称したに始まる。
天文5年(1536)に起こった「天文の法乱」によって堂宇を失い、泉州堺に避難し留まること6年、天文11年(1542)の春、旧跡は幕府の収まるところとなり、現在地に再建。
この間、京都洛中を焼き尽くした承応3年(1654)の大火による類焼によって堂宇ことごとく焼失。
時の住職第十世日遵上人は12年の歳月を経て明暦3年(1657)堂宇を再建。
その後、享保15年(1730)、天明8年(1788)の2度にわたる洛中を焼き尽くす大火に見舞われたが、当山に祀る鬼子母神の加護により奇跡的に難を免れ今日に至っている。
爾来、当山の鬼子母神は『火伏せの鬼子母神』と称され信仰を集めている。
この歴史的背景をもつ本堂・祖師堂の文化的価値は高く昭和61年(1986)に京都府文化財に指定された。

本隆寺

祖師堂
法華宗真門流の総本山で、正しくは慧光無量山本妙興隆寺という。法華宗京都八本山の1つである。
開山は中山大納言親通卿(ちかみち)の子・日真(にちしん)で、後に、後柏原天皇により日蓮聖人の正当な流れであることを証する大和尚の称号が下賜された。
当寺は、長享2年(1488)に四条大宮に創建されたが、四代日映(にちえい)のとき、天文法乱により焼失し、天文11年(1542)に現在地に再建された。
十代日遵(にちじゅん)のとき、京都御所の炎上により類焼し、明暦3年(1657)に名匠坂上作左衛門が再建した。
享保15年(1730)と天明8年(1788)の2度の大火では、西陣一帯が焼野原となったが、当寺の本堂と祖師堂は、奉祀している鬼子母神の霊験によって焼失を免れ、それ以降、「不焼寺(やけずのてら)」と呼ばれるようになった。
3300坪の境内には、西陣五井の一つの名井「千代野井(ちよのい)」や、松葉を枕の下に敷くと、子どもの夜泣きがやむといわれる「夜泣止(よなきどめ)の松」がある。
本堂、祖師堂、客殿、番神堂、鐘楼、経藏、宝藏、南門、塔頭八ケ院等の諸堂を有し、宝物として、日蓮上人真筆大曼陀羅、法華玄論、十六羅漢絵像、名器三管、法華経七万字版木等を藏している。 京都市

本隆寺

本堂 本尊:三宝尊

本隆寺

番神堂

本隆寺

鐘楼

本隆寺

真跡塔
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/05/13(火) 20:49:32|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<岩上神社 | ホーム | 首途八幡宮>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク