続・竹林の愚人 住吉神社

住吉神社

今辻子住吉

住吉神社(すみよしじんじゃ)  奈良市今辻子町10
今から1300年前平城京が造営された時、南北の幹線道路として作られた外京五坊大路(道幅23m)が今辻子町の始まりである。
今辻子郷は鎌倉時代から見られる郷名で永仁2年(1294)に東大寺大仏灯油注文に今辻子の名が記されている。
住吉神社がいつ創建されたか明らかでないが、享保20年(1735)発行の「奈良坊目拙解」に九頭神社1座、町会所裏に在りと記されている。
文政8年(1825)に作られ現存している御神体箱には九頭大明神と記されていて享保17年(1732)屋根替えをした時の棟板にも「奉修造九頭大明神社」と記されていることから見ると、古来九頭大明神が祀られていた。
当時大陸との交易が盛んとなり奈良の都より役人や学者・文化人が中国方面に渡航するので、その海上の安全を祈るために海の神を祀ったと考えられる。
記録の上で住吉神社が出てくるのは明治以降のことである。
明治16年の屋根替工事は九頭大明神、明治24年の全国神社調査報告では住吉神社になっている。
おそらくこの頃大阪の住吉大社から分霊をお祀りしたものと思われる。
行事は1月1日に歳旦祭、例祭は大阪の住吉大社と同じ7月31日、8月1日であったが近年は7月末の土・日曜日に行っている。   平成21年7月吉日  今辻子町自治会


関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/08/26(火) 20:19:42|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<西照寺 | ホーム | 念佛寺>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク