続・竹林の愚人 西照寺

西照寺

西照寺

西照寺 ( さいしょうじ )   奈良市今辻子町9
西照寺は、はじめは禅松庵という真言律宗の草庵で、大和西大寺の高僧、叡尊上人(1201~1290)が下三条の地に開基したと伝えられている。
その後、弘治2年(1556)興福寺別当より西照寺の寺号を賜り、当寺中興の祖、英誉良阿上人が浄土宗に改め、現在地に諸堂を建立した。
江戸時代は幕府の帰依も深い寺院であったが明治以後寺地は狭まり昔日の面影はなくなった。
現在の堂宇は昭和29年、前住職授誉見誠和尚が再建したものである。

西照寺

本堂 本尊:腹帯阿弥陀如来

西照寺

百萬 供養塔
当寺門前の通りは現在行き止まりになっているが、明治までは東側の林小路町に通じており、百萬ヶ辻子町とよばれ、百萬親子が住んでいたという。
この石塔も はじめは百萬屋敷跡にあったがいつの頃からか当寺境内に安置されるようになった。
百萬とは女性の名で春日大社の巫女で一男児があった。
ある日西大寺の念仏会に親子で詣でたがあまりの混雑に我が子十萬を 見失った。
その後は狂女となって必死に十萬を求め歩き、京都嵯峨の清涼寺の念仏会で遂に我が子にめぐり会い、奈良に戻り 親子睦まじく暮らし、やがて十萬は唐招提寺の道浄上人になったとも、清涼寺の十遍上人になったともいわれる。
この話は観阿弥が能楽に仕立て、有名になった。

関連記事

テーマ:奈良 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/08/26(火) 20:37:03|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<< 開化天皇陵 | ホーム | 住吉神社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク