続・竹林の愚人 舞子浜遺跡

舞子浜遺跡

舞子浜遺跡

舞子浜遺跡(まいこはまいせき)  神戸市垂水区東垂水町

舞子浜遺跡この人は?ー歯と骨からわかることー
身長150~155cmの男性で年齢は30歳代、当時としては少し小柄な体格ですが、筋肉は発達した人でした。
顔つきはのっぺりとしており、弥生時代以降一般的な顔立ちです。
出土した下顎には歯が16本全部残っていました。
歯から生前の健康状態がわかり、この人は順調に成長してきたようです。
しかし、左の第3大臼歯がひどい虫歯にかかっており、戦前は歯の痛みに悩んでいたかもしれません、

舞子浜遺跡

県立舞子公園で最初の埴輪棺がみつかったのは昭和35年のことです。
その後、公園一帯での発掘調査により多数の埴輪棺が出土しました。
公園一帯が古代の墓地であることがわかり舞子浜遺跡として指定されました。
写真の埴輪棺は平成11年5月の歩道橋スロープ工事に伴う発掘調査で出土したものです。
2つの円筒埴輪を組み合わせ棺としています。
棺の全長270cm、直径40~50cmと細長いものとなっています。
副葬品はなく、わずかに人骨が残っていました。
埋葬された人は、頭を東側にして仰向けの姿勢をとっていました。
棺に使用されている埴輪は、公園の東側1kmにある五色塚古墳(県下最大の前方後円墳)の円筒埴輪とよく似ています。
古墳時代(3~7世紀)にこの地に葬られた人々は、これらの埴輪と密接に関わっていた人たちであったと考えられています。

舞子浜遺跡
関連記事

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/09/15(月) 20:52:21|
  2. Historic sites
  3. | コメント:0
<<狩口台きつね塚古墳 | ホーム | 小壺古墳>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク