続・竹林の愚人 旧武藤山治邸

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

旧武藤山治邸

武藤山治邸

旧武藤山治邸(きゅうむとうさんじてい)  神戸市垂水区東舞子町2051
「旧武藤山治邸 旧鐘紡舞子倶楽部」は、鐘紡の中興の祖と言われ、衆議院議員として活躍した武藤山治(慶応3年~昭和9年)が、明治40年に舞子海岸に建てた住宅です。
武藤山治が亡くなった後は、鐘紡紡績(株)により、「鐘紡舞子倶楽部」として従業員の厚生施設に利用されていましたが、明石海峡大橋建設に伴う国道2号線の拡幅工事のため、平成7年に和館は取り壊され、洋館のみが垂水区狩口台に移築されました。
平成19年に兵庫県は、建物と共に家具・絵画および蔵書等調度品についてカネボウ(株)より寄贈を受け、同年より建物の縁の地である県立舞子公園への移築・修復工事を行ってきました。
この移築・修復工事の竣工により、舞子浜を代表する昔日をしのぶ松林と調和した海峡風景を楽しみ、明治期の往年の別荘文化、西洋館の生活様式をありのままに知ることができます。
旧武藤山治邸は明治40年(1907)に建てられた、木造2階建てのコロニアル様式の西洋館で、設計は東寺横河工務所に勤めていた大熊喜邦(後に国会議事堂など多くの官公庁建築を主導)によるものです。
下見板張り、天然スレート葺、そして海に面して貼り出した優雅なヴェランダが特徴です。
外観は2度の移築により、構造材の大部分や外装材の一部は新材で再現されているものの、建具や内装の仕上げ材は建設当時のものが残されており、当時の写真等をもとに正確な修復を目指しました。
また、ステンドグラスや暖炉、家具調度品などは、当時のまま残っており、明治期の西洋館の住宅形式や当時の実業家がどのように生活していたかを知ることが出来る非常に貴重な建物です。

武藤山治邸

武藤山治邸

武藤山治邸

武藤山治邸

武藤山治邸

武藤山治邸

武藤山治邸

武藤山治邸
関連記事

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2014/09/17(水) 21:50:18|
  2. Retro
  3. | コメント:0
<<明治天皇の歌碑 | ホーム | 移情閣>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。