続・竹林の愚人 俊成社

俊成社


俊成社(しゅんぜいしゃ) 京都市下京区烏丸松原下ル俊成町438
ここは、藤原俊成の邸跡といわれ後世の人が俊成の霊を祭ったものという。
俊成は平安末鎌倉初期を代表する歌人定家の父で、後白河法皇の命により『千載和歌集』を撰した。
謡曲俊成忠度は平忠度が歌道に執心のこと及びその最後の様を描いた修業物、即ち岡部六弥太忠澄は西海の合戦で忠度を討った時、その尻籠に収めてあった短冊を持って都に帰り、忠度の和歌の師であった俊成の邸を訪れ、その短冊を見せる。
その短冊に、旅宿の花という題「行き暮れて木の下落を宿とせば 花や今宵の主ならまし」と書いてあった。
俊成はその文武両道に優れたのを惜しみ厚く成仏を祈る。 京都市
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/03/07(土) 20:33:24|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<花咲稲荷社 | ホーム | 新玉津島社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク