続・竹林の愚人 花咲稲荷社

花咲稲荷社


花咲稲荷社(はなさきいなりしゃ) 京都市下京区間之町通松原上る稲荷町
当神社は、豊臣秀吉の右筆を務め、その後、俳諧の祖と言われる松永貞徳の邸内に祀られていた鎮守社であります。
ご祭神は、宇賀御魂神、素戔嗚尊、太市比売命、大己貴神、猿田比古神の五柱であり、ご神像五体が祀られていました(現在、京都国立博物館にて保管保存)。
正徳5年(1715)霊元上皇皇女八十宮吉子内親王が七代将軍徳川家継に降嫁される時、また、文久元年(1861)孝明天皇皇妹和宮親子内親王が十四代将軍徳川家茂に降嫁される時のいずれも、玉體安寧の御祈祷が当神社に於いて斎行されました。
明治40年(1907)長谷川武右衛門が、大阪毎日新聞京都支局長・日出新聞(現京都新聞)の主筆であった大道雷淵(和一)より譲り受けて、武右衛門の妻於莬が社主として神明奉仕を勤めて以来長谷川家がお護りし神事を続けて現在に至ります。
                                    花咲稲荷神社 代表役員代務者 長谷川博一
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/03/07(土) 20:35:09|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<平等寺 | ホーム | 俊成社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク