続・竹林の愚人 平等寺

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

平等寺

 平等寺
平等寺(びょうどうじ) 京都市下京区不明門通松原上ル因幡堂町728
真言宗智山派 福聚山 因幡薬師
長徳3年(997)、因幡(現在の鳥取県)国司・橘行平が、任を終えて帰京の途中、夢のお告げに従って因幡賀留津の海中から引き揚げ、安置しておいた薬師如来像が、行平のあとを追って京都に飛来したといわれ、長保5年(1003)、行平は自宅を改造してこれを祀ったと伝えられている。
この霊験談は広く親しまれ、歴代天皇をはじめ一般庶民の深い信仰を受け、承安元年(1171)には高倉天皇により「平等寺」と命名された。
なお、この寺の起こりは、「因幡堂縁起」(東京国立博物館)に詳しく書かれている。
堂舎は度々火災に遭い、寺域も次第に小さくなったが、明治初年(1868)に再建された現本堂には、度重なる火災にもかかわらず伝えられてきた本尊薬師如来立像が安置されている。
この薬師如来立像位は藤原時代の一本造りの優品で、重要文化財に指定されている。
嵯峨釈迦堂の釈迦如来、信濃善光寺の阿弥陀如来とともに日本三如来の1つに数えられ、ことのほか信仰されている。 京都市

平等寺
本堂 本尊:薬師如来
平等寺

平等寺
観音堂 十一面観音 洛陽三十三観音第27番霊場
平等寺
地蔵堂
平等寺
歓喜天
平等寺
十九所権現(十九社明神)
当寺は後白河院の信仰篤く、度々御幸されたある時に当寺の鎮守はいかなる神かとたずねられました。
住職が因幡の国一宮、武内宿禰と答えると、生身の如来衛護の神には、武内朝臣のみでは力不足と仰せられ、十八所の神々を院宣にて勧請されました。
御白河院還幸の後、或る人の夢枕に西宮夷の御嫡子、一童御前が立たれ、我もここの擁護の神に入ると仰せられました。
住職が後白河院に奉聞したところ許可されたので、十九所となりましたが、最初の院宣により十八所とよばれていました。
十八所(十九所)とは次の通りです。
古くは三間の鎮守、五間の拝殿と記録されています。
1.天照大神 2.八幡 3.春日 4.賀茂 5.祇園 6.愛宕権現 7.松尾 8.熊野 9.北野 10.山王 11.住吉 12.摩利支天 13.妙音 14.辨天 15.白鬚 16.多賀 17.平野 18.御霊 19.蛭子(一童御前)
※一九は ”いく” に通ず(心願成就)
関連記事

テーマ:京都 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/03/07(土) 21:10:05|
  2. Shrines
  3. | コメント:0
<<若一神社 | ホーム | 花咲稲荷社>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。