続・竹林の愚人 小浜宿

小浜宿

P1190006.jpg
小濱宿
P1190007.jpg
南門跡 愛宕宮

P1190075.jpg

P1190011.jpg
毫摂寺(ごうしょうじ) 宝塚市小浜5-5-12
毫摂寺は真宗本願寺派のお寺で、丹波の僧乗専が本願寺3世覚如に帰依し、丹波六人部の天台寺院を本願寺に寄進し、覚如の別号の毫摂を寺名としました。
この寺を京都に移し、覚如の末子・善入をこの寺の住職としました。
その末裔の善秀が明応年間(15世紀末)に小浜庄を開き、ここに毫摂寺を建立したのがはじまりです。
江戸期には八本松の名所として知られ、また豊臣秀次と寺の次女・亀姫との悲話も残されています。
現在は小浜御坊ともよばれ、別院真宗寺院の典型的建築である江戸後期の本堂が残っています。

P1190024.jpg
制札所跡 代官所跡
P1190025.jpg
小浜には大坂から伊丹を通り、湯山(有馬)に至る湯治の道としての有馬街道や、西宮から伊子志の渡しで武庫川を渡り、酒や米を運んだ西宮街道(馬街道)、京都・伏見から山崎を通り、瀬川半町や加茂を経て入ってくる京伏見海道などの道筋が入っていました。
このため小浜の地は、江戸幕府から交通の要衡として重視され、抜け荷の禁止や駄賃を定めた制札(幕府の御定書)なども残っています。
また、小浜は荷物の継ぎ荷のことで西宮市の生瀬宿と争いがあったことも浄橋寺文書(西宮市)などの記録に残っています。
小浜は嘉永4年(1851)の記録によると、戸数202戸で人口800人であり、馬借・問屋・茶屋・旅籠などがならぶ町場で、専業農家はほとんど無かったとされています。
また、酒造りの名所としても知られ、井原西鶴は『西鶴俗つれづれ」のなかで、名産の産地として小浜の名をあげています。
さらに小浜は大工の町としても知られ、享保8年(1723)ごろ大工の組として「小浜組」が成立しています。 

P1190026.jpg
山中家幅
小浜の山中家は、戦国時代の武将・山中鹿之助幸盛を先祖とする家系で、その子・幸元には八男二女があり、長男・新兵衛(清直)が慶長19年(1614)に小浜に分家して小浜山中家の祖となりました。
この家系は、江戸時代前期には酒造業も営んでいたようですが、中期頃からは医家として家系を継いだようで、当主は良和の名を代々継いでいました。
幕末には大坂の適塾にも学んだことがあったようです。
現在の屋敷は、寛政13年(1801)の祈祷札から18世紀末頃に建てられたものと考えられ、桟瓦葺で主屋入口はすり上げ戸になっていました。
この屋敷の位置は小浜の中心部にあり、町並み景観の重要な位置を占めています。
また裏庭に残る「玉の井」は名水が湧く井戸として著名で、秀吉が有馬へ湯治に出かけた際、毫摂寺に宿泊し、土地の銘菓・川面の水飴とともに、この玉の井の名水を汲み、茶を喫したといわれています。
また明治11年に起きた竹橋事件(西南事件の論功行賞に不満を持った兵士達が維新政府に対して起こした反乱事件)に参加し、処刑された山中繁蔵は当家の次男でした。
江戸初期に分家した伊丹鴻池の家系は大酒造家として財をなし、さらに鴻池善右衛門家も代々両替商として成功しています。

P1190027.jpg
小浜宿資料館    右手の土蔵は山中家が使用していたものを、そのまま収蔵庫として改造したもの。
小浜皇大神社 (おばまこうたいじんじゃ) 宝塚市小浜5-4-4
創建年月は不詳。
古伝に創建嘉吉元年(1441)と伝えられております。
伊勢神宮の御神体をお祀りしています。
また、身佐神社は、奈良県高市郡明日香村身狭(見佐)と小浜のほとり身佐の2社に天武天皇「生霊の神」としてまつられたと摂津国名所絵図にも記載されていますが、明治30年の武庫川氾濫により身佐村全体が流出してしまい、大正元年(1912)に小浜皇大神社に合祀されました。


首地蔵(くびじぞう)  宝塚市小浜5-1-4
摂陽群談(1500年頃)によると、今の小浜の首地蔵のことを「首から上の病気は治してもらえる地蔵さんとして全国から参詣者がある」と記されている。
この地蔵は、御影石像のお首だけで高さ1m30cm、耳だけでも60cmです。
お顔はよく調和のとれた素朴な美しさをたたえている。
この首地蔵石段の石組みの中に、南北朝時代の宝篋印塔の笠が3つ、そして石段の左右に鎌倉時代の石灯籠があり、この一角には鎌倉時代の遺物があります。

P1190086.jpg
西村則周(にしむらのりかね)墓
幕末期の大工で、戊辰戦争で壊れた京都御所蛤御門の再建の棟梁や、大阪難波別院御堂の脇棟梁をつとめた。
P1190100.jpg
徳本上人名号碑
P1190072.jpg
北門跡
小浜の町の出入口、東、南、北の三ヶ所に町門が設けられ、ここを北門と呼び小浜の町の防備を固めるものであった。
この内脇に火難を除く火伏せの小祠がこの北の愛宕さん(宮)である。
毎年8月の地蔵盆には町内総出で赤い提灯を境内一面に飾り、お供え物を持ち寄り、この町の人を厄災から守ることを祈願するという愛宕さんのおまつりがあり、北の口町の行事として今に引き継がれている。 
関連記事

テーマ:兵庫県 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/03/29(日) 07:33:19|
  2. Historic sites
  3. | コメント:3
<<新羅神と日本古代 | ホーム | 四ノ宮めぐり>>

コメント

四月になりました。

■bittercupさま。
急速に春が訪れて参りました。
いかがお過ごしでしょうか。
私は、うかうかと日を過ごしておりますが、
季節の推移には振り回されます。
かねて編集中の新・歌集『無冠の馬』も出ます。
私も「春」のさなかに居る、と言えるのでしょうか。
では、また。
  1. URL |
  2. 2015/04/01(水) 04:14:29 |
  3. sohya #-
  4. [ 編集 ]

初めまして

ていねいに記事にされてますね。
見習わなくちゃ。

私もほぼ同じ頃、小浜宿に行きました。
桜祭の前だったので、行くのがちょっと早すぎました。

首地蔵は気づきませんでした。
いいネタだったのに、もったいないことをしました。
うーん、残念。
  1. URL |
  2. 2015/04/10(金) 20:23:24 |
  3. みゅー #-
  4. [ 編集 ]

みゅーさん、コメント頂きありがとうございます。
  1. URL |
  2. 2015/04/10(金) 22:20:06 |
  3. bittercup #-
  4. [ 編集 ]

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (5)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク