続・竹林の愚人 桓武天皇と百済王

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  1. --/--/--(--) --:--:--|
  2. スポンサー広告

桓武天皇と百済王

平成13年12月18日のお誕生日に、日韓共同でのサッカーワールドカップ開催に際し、陛下の思いを語られたことは大変な驚きでした。

「日本と韓国との人々の間には,古くから深い交流があったことは,日本書紀などに詳しく記されています。韓国から移住した人々や,招へいされた人々によって,様々な文化や技術が伝えられました。宮内庁楽部の楽師の中には,当時の移住者の子孫で,代々楽師を務め,今も折々に雅楽を演奏している人があります。こうした文化や技術が,日本の人々の熱意と韓国の人々の友好的態度によって日本にもたらされたことは,幸いなことだったと思います。日本のその後の発展に,大きく寄与したことと思っています。私自身としては,桓武天皇の生母が百済の武寧王の子孫であると,続日本紀に記されていることに,韓国とのゆかりを感じています。武寧王は日本との関係が深く,この時以来,日本に五経博士が代々招へいされるようになりました。また,武寧王の子,聖明王は,日本に仏教を伝えたことで知られております。」(宮内庁HPより

桓武天皇の生母は高野 新笠(たかの の にいがさ)で、その父和乙継(やまとの おとつぐ)が百済の第25代王・武寧王を祖と称した、百済系渡来氏族です。(『新撰姓氏録』)
桓武天皇といえば平安遷都で知られますが、都を定める前に百済王氏の本拠地河内国交野に狩りに度々出かけています。
その目的が藤原朝臣継縄(みつぐただ)の室である百済王明信(みょうしん)に会うためでした。

百済の義慈王は日本との同盟の為に、豊璋と善光の2人の王子を人質に出していました。
660年、唐と新羅の連合軍が百済を滅ぼすと、中大兄皇子は豊璋に軍を与えて百済再興を支援しましたが、白村江の戦いで敗れ、豊璋は唐に連行されてしまい、残された弟の善光が百済王族の血統を伝えることとなりました。
持統天皇より百済王(くだらのこにきし)の氏姓を賜ります。
その子孫百済王敬福(きょうふく)が陸奥守となった折、当地で黄金を発見して献上。
東大寺大仏の鍍金が叶ったと、聖武天皇は狂喜したといいます。
後に河内守となり、交野郡内に居館を作りました。
その孫が明信です。
明信
向日市文化資料館
IMG_4497.jpg
宮中でこのような歌を詠むのですから、公然の仲であったようです。
明信は桓武天皇の寵愛を受け、春日局さながら、後宮で絶大な権力を握って、百済王家から多数の女性を宮中に送り出し、皇子・皇女を儲けました。

百済王の居館のあった地には、今は百済寺跡と百済王神社が残っています。
百済寺跡
百済寺跡(くだらじあと) 枚方市中宮西之町1
百済王神社
百済王神社(くだらおうじんじゃ) 枚方市中宮西之町1-68
関連記事

テーマ:近畿地方(滋賀・京都・大阪・兵庫・奈良・和歌山)の各府県の駅前路線情報 - ジャンル:地域情報

  1. 2015/07/12(日) 07:06:29|
  2. Blog
  3. | コメント:0
<<ホノルルの街かどから | ホーム | 新羅神と日本古代>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1717)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。