続・竹林の愚人 太平記 巻十六
FC2ブログ

太平記 巻十六

正成下向兵庫事

尊氏卿・直義朝臣大勢を率して上洛の間、用害の地に於て防ぎ戦はん為に、兵庫に引退きぬる由、義貞朝臣早馬を進らせて、内裡に奏聞ありければ、主上大きに御騒有つて、楠判官正成を被召て、「急ぎ兵庫へ罷下り、義貞に力を合せて合戦を可致。」と被仰ければ、正成畏つて奏しけるは、「尊氏卿すでに筑紫九国の勢を率して上洛候なれば、定めて勢は雲霞の如くにぞ候覧。御方の疲れたる小勢を以て、敵の機に乗つたる大勢に懸合つて、尋常の如くに合戦を致し候はゞ、御方決定打負け候ぬと覚へ候なれば、新田殿をも只京都へ召し候て、如前山門へ臨幸成り候べし。正成も河内へ罷下り候て、畿内の勢を以て河尻を差塞ぎ、両方より京都を攻めて兵粮をつからかし候程ならば、敵は次第に疲れて落下り、御方は日々に随つて馳集り候べし。其の時に当つて、新田殿は山門より推寄せられ、正成は搦手にて攻上り候はゞ、朝敵を一戦に滅ぼす事有りぬと覚え候。新田殿も定めて此了簡候共、路次にて一軍もせざらんは、無下に無云甲斐人の思はんずる所を恥て、兵庫に支へられたりと覚え候。合戦は兎ても角ても、始終の勝ちこそ肝要にて候へ。能々遠慮を被廻て、公議を可被定にて候。」と申しければ、「誠に軍旅の事は兵に譲づられよ。」と、諸卿僉議(せんぎ)有りけるに、重ねて坊門の宰相清忠申されけるは、「正成が申す所も其謂有りといへども、征罰の為に差下されたる節度使、未だ戦を成さざる前に、帝都を捨てて、一年の内に二度まで山門へ臨幸ならん事、且は帝位を軽んずるに似たり、又は官軍の道を失なふ処也。たとひ尊氏筑紫勢を率つして上洛すとも、去年東八箇国を順がへて上りし時の勢にはよも過ぎし。およそ戦ひの始めより敵軍敗北の時に至る迄、御方小勢也といへども、毎度大敵を不責靡云(いふ)事なし。是全く武略の勝れたる所には非ず、只聖運の天に叶へる故也。然れば只戦ひを帝都の外に決して、敵を斧鉞(ふゑつ)の下に滅ぼさん事何の子細か可有なれば、只時を替へず、楠罷下(まりくだ)るべし。」とぞ被仰出ける。正成、「此上はさのみ異儀を申すに不及。」とて、五月十六日に都を立つて五百余騎にて兵庫へぞ下りける。

1601

正成是を最期の合戦と思ひければ、嫡子正行が今年十一歳にて供したりけるを、思ふ様有りとて桜井の宿より河内へ返し遣すとて、庭訓を残しけるは、「獅子子を産で三日を経る時、数千丈の石壁より是を擲(なぐ)。其子、獅子の機分あれば、教へざるに中より跳ね返りて、死する事を得ずといへり。況(いはん)や汝已(すで)に十歳に余りぬ。一言耳に留まらば、我教誡に違がふ事なかれ。今度の合戦天下の安否と思ふ間、今生にて汝が顔を見ん事是を限りと思ふ也。正成已に討死すと聞きなば、天下は必ず将軍の代に成りぬと心得べし。然りと云共、一旦の身命を助らん為に、多年の忠烈を失ひて、降人に出づる事有るべからず。一族若党の一人も死残りてあらん程は、金剛山の辺に引篭つて、敵寄来たらば命を養由うが矢さきに懸けて、義を紀信が忠に比すべし。是を汝が第一の孝行ならんずる。」と、泣々申し含めて各東西へ別れにけり。昔の百里奚は、穆公(ぼつこう)晉の国を伐し時、戦さの利無からん事を鑒(かんがみ)て、其将孟明視に向つて、今を限りの別れを悲しみ、今の楠判官は、敵軍都の西に近付くと聞きしより、国必ず滅びん事を愁へて、其の子正行を留めて、無跡迄の義を進む。彼は異国の良弼(りやうひつ)、是は吾朝の忠臣、時千載を隔つといへ共、前聖後聖一揆にして、有難たかりし賢佐なり。

正成兄弟討死事

1602

楠判官正成、舎弟帯刀正季に向つて申しけるは、「敵前後を遮つて御方は陣を隔てたり。今は遁れぬ処と覚ゆるぞ。いざや先づ前なる敵を一散らし追捲つて後ろなる敵に闘かはん。」と申しければ、正季、「可然覚え候。」と同じて、七百余騎を前後に立てて、大勢の中へ懸入りける。左馬の頭の兵共、菊水の旗を見て、よき敵也と思ひければ、取篭て是を討たんとしけれ共、正成・正季、東より西へ破つて通ほり、北より南へ追靡びけ、よき敵とみるをば馳双べて、組んで落ちては頭をとり、合はぬ敵と思ふをば、一太刀打つて懸けちらす。正季と正成と、七度合ひ七度分る。其の心偏に左馬の頭に近付き、組んで討たんと思ふにあり。遂に左馬頭の五十万騎、楠が七百余騎に懸靡びけられて、又須磨の上野の方へぞ引返へしける。直義朝臣の乗られたりける馬、矢尻を蹄に蹈立てて、右の足を引ける間、楠が勢に追攻められて、已でに討たれ給ひぬと見へける処に、薬師寺十郎次郎只一騎、蓮池の堤にて返し合せて、馬より飛んでをり、二尺五寸の小長刀の石づきを取延べて、懸る敵の馬の平頚、むながひの引廻し、切つては刎倒し々々、七八騎が程切つて落としける其の間に、直義は馬を乗替へて、遥々落延給ひけり。左馬頭楠に追立てられて引退くを、将軍見給ひて、「悪手(あらて)を入替へて、直義討たすな。」と被下知ければ、吉良・石堂・高・上杉の人々六千余騎にて、湊河の東へ懸出でて、跡を切らんとぞ取巻きける。正成・正季又取つて返して此の勢いにかゝり、懸けては打違へて死し、懸入つては組んで落ち、三時が間に十六度迄闘ひけるに、其の勢次第々々に滅びて、後は纔かに七十三騎にぞ成りにける。此の勢にても打破つて落ちば落つべかりけるを、楠京を出でしより、世の中の事今は是迄と思ふ所存有りければ、一足も引かず戦つて、機已に疲れければ、湊河の北に当つて、在家の一村有りける中へ走入つて、腹を切らん為に、鎧を脱いで我身を見るに、斬疵十一箇所までぞ負うたりける。此外七十二人の者共も、皆五箇所・三箇所の疵を被むらぬ者は無かりけり。楠が一族十三人、手の者六十余人、六間の客殿に二行に双居て、念仏十返計同音に唱へて、一度に腹をぞ切つたりける。正成座上に居つゝ、舎弟の正季に向つて、「そもそも最期の一念に依つて、善悪の生を引くといへり。九界の間に何か御辺の願ひなる。」と問ひければ、正季からからと打笑うて、「七生まで只同じ人間に生まれて、朝敵を滅ぼさばやとこそ存じ候へ。」と申しければ、正成よに嬉しげなる気色にて、「罪業深き悪念なれ共も我も加様に思ふ也。いざゝらば同じく生を替へて此の本懐を達せん。」と契つて、兄弟共に差違へて、同じ枕に臥しにけり。橋本八郎正員・宇佐美河内守正安・神宮寺太郎兵衛正師・和田五郎正隆を始めとして、宗との一族十六人、相随ふ兵五十余人、思々ひに並居て、一度に腹をぞ切つたりける。菊池七郎武朝は、兄の肥前守(かみ)が使にて須磨口の合戦の体を見に来たりけるが、正成が腹を切る所へ行合ひて、をめをめしく見捨ててはいかゞ帰るべきと思ひけるにや、同じく自害をして炎の中に臥しにけり。そもそも元弘以来、かたじけなくも此の君に憑まれ進らせて、忠を致し功にほこる者幾千万ぞや。然共此の乱又出来て後、仁を知らぬ者は朝恩を捨てて敵に属し、勇なき者は苟しくも死を免れんとて刑戮(けいりく)にあひ、智なき者は時の変を弁ぜずして道に違がふ事のみ有りしに、智仁勇の三徳を兼ねて、死を善道に守るは、古へより今に至る迄、正成程の者は未だ無かりつるに、兄弟共に自害しけるこそ、聖主再び国を失なひて、逆臣よこしまに威を振ふべき、其前表のしるしなれ。

正成首送故郷事

1603

湊川にて討たれし楠判官が首をば、六条川原に懸けられたり。去ぬる春もあらぬ首をかけたりしかば、是れも又さこそ有るらめと云ふ者多かりけり。疑ひは人によりてぞ残りけるまさしげなるは楠が頚と、狂歌を札に書てぞ立てたりける。其後尊氏卿楠が首を召されて、「朝家私日久しく相馴れし旧好の程も不便也。迹の妻子共、今一度空しき貌をもさこそ見度思ふらめ。」とて、遺跡へ被送ける情の程こそ有難けれ。楠が後室・子息正行是れを見て、判官今度兵庫へ立ちし時、様々申置きし事共多かる上、今度の合戦に必ず討死すべしとて、正行を留置きしかば、出でしを限りの別れ也とぞ兼ねてより思もひ儲けたる事なれども、貌をみれば其れながら目塞り色変じて、替りはてたる首をみるに、悲しみの心胸に満ちて、歎きの泪せき敢へず。今年十一歳に成りける帯刀、父が頭の生きたりし時にも似ぬ有様、母が歎きのせん方もなげなる様を見て、流るゝ泪を袖に押さへて持仏堂の方へ行きけるを、母怪しく思ひて則ち妻戸の方より行きて見れば、父が兵庫へ向ふとき形見に留めし菊水の刀を、右の手に抜持ちて、袴の腰を押しさげて、自害をせんとぞし居たりける。母急ぎ走寄つて、正行が小腕に取付いて、泪を流して申しけるは、「「栴檀は二葉より芳し」といへり。汝をさなく共も父が子ならば、是れ程の理に迷ふべしや。小心にも能々く事の様を思ふてみよかし。故判官が兵庫へ向ひし時、汝を桜井の宿より返し留めし事は、全く迹を訪ぶらはれん為に非ず、腹を切れとて残し置きしにも非ず。我たとひ運命尽きて戦場に命を失しなふ共、君何くにも御座有りと承はらば、死に残りたらん一族若党共をも扶持し置き、今一度軍を起し、御敵を滅ぼして、君を御代にも立進まゐらせよと云置きし処なり。其遺言つぶさに聞て、我にも語りし者が、何つの程に忘れけるぞや。角ては父が名を失なひはて、君の御用に合進まゐらせん事有るべし共覚えず。」と泣々く勇め留めて、抜きたる刀を奪ひとれば、正行腹を不切得、礼盤の上より泣き倒れ、母と共にぞ歎きける。其後よりは、正行、父の遺言、母の教訓心に染み肝に銘じつゝ、或時は童部共を打倒ふし、頭を捕る真似をして、「是は朝敵の頚を捕る也。」と云ひ、或時は竹馬に鞭を当てて、「是は将軍を追懸け奉る。」なんど云ひて、はかなき手ずさみに至るまでも、只此事をのみ業とせる、心の中こそ恐しけれ。

関連記事

テーマ:読書メモ - ジャンル:本・雑誌

  1. 2009/04/07(火) 08:10:24|
  2. BOOK
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<太平記 巻二十六 | ホーム | 太平記 巻六>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://bittercup.blog.fc2.com/tb.php/637-ed24eb12
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

プロフィール

bittercup

Author:bittercup
近畿の社寺仏閣と旧跡を巡っています。

Translate

検索フォーム

Loading

月別アーカイブ

カテゴリ

Table of Contents (46)
BOOK (1275)
Shrines (1718)
Historic sites (739)
Retro (114)
SIGHT (382)
NEWS (185)
GOODS (86)
PC (40)
Lecture (18)
Greeting (14)
Blog (7)
TRAIL (9)

FC2カウンター

リンク